TwitterでSNSマーケティングをしてみたい!必要なポイントを教えます

TwitterをSNSマーケティングとして利用しているケースもあるため、最新のトレンドを分析することができます。特に直接企業に届けることができるツイートもありますし、企業やブランド・製品などの現状把握をすることが可能になります。

Twitter上でリツイートされる確率が高いものは、多くの人に共感される内容であったり通勤時間や午後など、たくさんの人がTwitterを利用している時になります。ユーザーがタイムラインのツイートをみて、企業のホームページへ誘導することも可能です。

製品やサービスの内容をより深く知ってもらうための対策としてハッシュタグをつけることで、さらに目的がわかりやすくなります。フォロワーを獲得することも拡散速度を上げる対策の一つで、トレンド感を出していきます。共感される内容が通勤時間や午後で利用者の多い時に拡散されることになり、Twitter広告を打ち出しやすくなります。ハッシュタグはトレンドを取り入れたものにしますが、わかりにくいものはユーザーが誤字を入力しやすいため考慮します。Twitter広告の投稿時間は特にたくさんの人がスマホなどを閲覧している、通勤時間や午後が効果的です。企業へ伝えられる要望などを間接的に読み取ることで、ユーザーへ反映していくことが目的で投稿時間を配慮した方がその効果を得られやすくなります。

拡散速度などで企業の評判をリアルタイムで知ることができ、企業のイメージを客観的に知るには良い機会です。今後の目標も立てやすくなりますし、数多くリツイートされることが目的になります。オンライン上では検索機能がありますが、企業の評価を確認することができるとともに利用することも可能です。

エゴサーチはユーザーが持っている疑問点や、意見などを企業側が能動的に対応していくことがあります。今までは問い合わせがあった時点で順次対応していく姿勢でしたが、Twitterを利用することで様々な情報があるので早めに行動をとることができます。エゴサーチが必要ということだけではなく、企業の事例などをTwitterを通して確認することが可能なのもメリットです。今後に向けての行動を発掘するだけには止まらず、真摯な対応をすることでイメージが向上するメリットがあります。商品やサービスの話題性や時期的なものを分析し、ユーザーへ提供していくことやサポートのタイミングが適切であることが良いです。