知らない企業は損をする?SNSインフルエンサーマーケティングについて

SNSインフルエンサーマーケティングは、企業側から消費者に対してメッセージ配信をする今までのマーケティングとは大きく違います。ターゲット年代別などを絞って、効果的に商品・ブランドに対しての認識を上げていくことが目的です。購買意欲を上げることを実現させるための最も効率的な手法として、インフルエンサーマーケティングは注目され始めています。

インフルエンサーをターゲット年代別に絞り、キャスティングを行なって行きます。効果測定が簡単ですが、企業の商品やコンテンツなどを提案し利用してもらうことから始めます。ブログやSNSを利用してインフルエンサーが宣伝をしてくれることで、読者やフォロワーが共感しやすい状態になり購買意欲が湧くという方法です。さらに他のユーザーへ拡散されたり、認知度の拡大も期待できます。

影響力の高い消費者である、読者モデルやカリスマ的な存在のインフルエンサーを選び出し、特定のターゲット年代別で支持を得ている人を起用することも大切です。企業が効果的にターゲットを絞ることで、さらに共感しやすいコンテンツを生み出す可能性が高まります。クオリティの高い口コミ的な存在で、認知度の拡大が期待できますしキャスティングも大切なポイントです。効果測定が簡単なことが基本になりますが、ステマ対策を取る必要もあり余計なトラブルを回避します。

AISCEASを利用することで、消費者がものを買うに到るまでのプロセスを分析することができ、ターゲットを絞る際にとても役立ちます。たくさんの情報がある中で消費行動は明らかに変わって来ているので、それをAISCEASで分析することで新たな発見があります。インフルエンサーでもステマ対策を取ることが大切で、情報を操作することはインフルエンサーの継続も厳しくなります。よりインフルエンサーマーケティングの効果を上げるために取り入れられることが多く、KPI設計はSNSを運用している目的をさしています。どのようなことを達成したいのかを知るきっかけとなり、KPI設計はブランドを好意的な印象にしたり購買意欲を上げる目的もあります。

目的が達成するためには、SNSでのいいね数やフォロワーなどのユーザーのアクションを知ることが一番です。ブランドや商品に対しての好感度やそれぞれをどのくらい購入したいかなど、消費者の心理を知っていくことがマーケティングを成功させる第一歩になります。

人気記事一覧
5
No image

知らない企業は損をする?SNSインフルエンサーマーケティングについて

2019年08月10日

(349 Views)