インスタ映えする写真を撮るなら押さえておくべき4つのポイント

Instagramではインスタ映えする写真を撮るために、たくさんの人が工夫を凝らしていますが、綺麗に撮るだけでは評価が高くなることがありません。評価が高くなるための写真テクニックを駆使し、インスタグラマーとして活躍していくこともできます。基本的にInstagramで反応を得る写真は、普通の写真よりもカラーコーディネートされたものや、フィルター加工を施したものの方が多いです。暗いところで撮影するときも、効果的なライティングを行う方がインパクトがあります。

流行語大賞にもなったインスタ映えのする写真は、4つのコツを押さえるだけで簡単に作成することができ評価も高くなります。撮影するときの準備段階からすでに始まっており、Instagramに投稿する写真は縦と横の比率が1対1である正方形がスタンダードであることを知っておく必要があります。スマホで撮影をすると長方形になり、そこから正方形へ切り取られるのでかなりイメージが変わってきます。アングルもこれに合わせて調節していき、カメラレンズを綺麗にしておくことがコツです。カラーコーディネートをする際はフィルター加工を使うことで、簡単にできるので問題ありません。ライティングをうまく活用し、中にはプロのような仕上がりに撮影するインスタグラマーもいます。特に宣伝と集客を狙っている場合は、主役となる商品やサービスなどを効果的に撮影します。

ブレた写真などは商品やサービスが見にくくなり、どれが主役かもわからなくなります。流行語大賞になるインスタ映えの写真を撮るには、フィルター加工ができるアプリを複数個使用するとオリジナリティも出てきます。アングルは大切で宣伝と集客を狙った位置から撮影していき、少し離れたところから行うことで余白も入れることが可能です。これにより中心となるものがわかりやすいですし、グルメや美容などといったジャンルにも詳しくなります。

インスタ映えする風景もメインとなる山や花などに、しっかりとピントを合わせること大切ですが、これもフィルター加工で後から行うこともできます。2つのものを撮影するときは少し中央に傾けることで、インスタ映えする写真にグレードアップします。少しストーリー性を持たせることで、写真の中に入り込むような雰囲気にさせてくれます。風景では花や街角ですがグルメでは食べ物を中心に撮影しますし、美容ではメイキャップの動画やコスメを中心に投稿していきます。